千葉での葬儀の種類と樹木葬について

先日、叔母が家に遊びにきたときに、一式忘れて行った千葉の葬儀業者のパンフレットは、知らなかった葬儀についていろいろと参考になるものが多く、参考になりました。

家族葬と密葬の違い、お通夜や告別式を行わない、火葬式(直葬)などなど・・・。

どんどん葬儀もシンプルになっていくのは、時代の流れなのでしょうか?

火葬式は、シンプルすぎて少々さびしいという気もします。

先日、叔母が終活セミナーを受けていたという、千葉の葬儀業者のホームページをみてみました。

すると、火葬式を実際に体験した人の感想などが掲載されていました。

「シンプルな内容でしたが、すべてにおいて丁寧に対応していただき、感謝しています」、

「様々な諸事情を理解して下さった上で最善のプランを提案していただき、とても助かった」などと感謝の声がよせられていました。

火葬式の一番の利点は、経済的であるということですね。

また、身寄りがない、家族が少ない、などの理由で火葬式をする人がこれから増えていくのではないでしょうか?

また、葬儀だけでなく、最近ではお墓事情も変わってきているようですね。

お墓に納骨するのではなく、樹木を墓碑とするもので、最近その埋葬をする墓地も増えているのだそうです。

樹木葬は行政の許可をとった霊園や墓地に限られているそうです。

自然と一体になることからお墓を継承する必要もなく、また宗教に縛られず、自分の好きな樹木とともにゆっくり眠ることができる樹木葬。

これから増えているのではないかと思います。